ブロンコ温故知新。

The most capable and rugged 4x4

vehicle.

そのデザインからも、初代ブロンコへのオマージュであることがひと目でわかる新型ブロンコ。そんな新型ブロンコが初代ブロンコから受け継いだもの、受け継ぐべきものをちょっとだけマニアックな視点から紐解いてみたい。

スターズ&ストライプ

1970's Racing Legend

FIA Endurance Racing

名車だから、偉大なレースカーが生まれたのか、それとも偉大なレースカーがあったから名車となり得たのか。そこに正解があるはずもないが、名車の背後に印象的なレースカーの姿が浮かぶのは間違いのないところだろう。

SCCAトランザム

シャパラル奮闘記。

70年、王者の威信を継承した

シャパラル・カマロ。

フォードvsシボレー、マスタングvsカマロという対決構図が大きく変化した1970年のSCCAトランザム・シリー

ズ。絶対王者シボレーが満を持して第二世代カマロを投入したこのタイミングで、ファクトリー・チームの中核だった

ペンスキーがAMCにスイッチ。

 



米車倶楽部

Buick 455V8の妙

2台のビュイック、71年型のリビエラと72年型のセンチュリオン。共通するのはボア4.31×ストローク3.90というショートストローク型V8。サウンドもバイブレーションも吹け上がりのフィーリングも、どれをとっても大排気量ユニットとは思えないほど軽やか。ビュイックのショートストロークV8の魅力を再発見する。

SO‐CAL、満タン!

It's full of Southern California

culture

横浜元町で20年以上も愛され続ける老舗ショップ「カスタムスタイル」。カリフォルニアから直輸入された雑貨とオリジナルのアパレルが豊富に揃い、日本全国から“アメリカ好き“たちが足繁く通う。オーナーの左近大輔さんはイクラさんとも交流が深く、今回も“悪だくみ”の相談が行なわれた……!?

WE LOVE ALPHA

真夏の正解コーデ

カスタムの定番といえば、まずはホイール。センスの良いデザインで足元を引き締めると、惚れ込んでいる愛車のスタイリングがさらにカッコ良く見えたりする。そこで大事なのは愛車の世界観とマッチするデザインのホイールを選ぶこと。



本命、現る!

米車オーナー数珠つなぎ

米車もしくは米国文化、米国雑貨等などをこよなく愛し、何かひとつ「米国!」な人物を訊ねる当コーナー。今月登場したマニアさんに次回の登場人物を紹介してもらい、数珠繋ぎで連載していく。

ドラッグへの第一歩

馬力番長のデーモン日記

アメ車はパワーだぜ! パワージャンキーのデーモンオーナー、ついにドラッグ用のタイヤを入手。レースの日が待ち遠しいぜ!