走り重視のカスタム指南!

走って曲がって、ちゃんと止まるが大正解!.

ちゃんと走るチャレンジャーってカッコいい。 そりゃ見てくれも大事だけど、要は中身。 中身が伴ってないと、なんだか侘しい。そこで今月のDCHは、 走るをテーマにお届けする。クルマは走っている姿が一番カッコいい!

What's Cruisin' '70s Style

バンとワゴンの70年代カスタムスタイル

今月注目したのは70年代後半のコンパクトな2ドアのステーションワゴンと、ショートボディのフルサイズバン。ただしショールーム・ストックのままの姿ではなく、当時のストリート・カスタムスタイルを見事に再現した2台である。

機能がクルマの魅力を増幅

トラックだからとナメられない

唯一無二の存在

クルマのどこに魅力を感じるかは人それぞれで、エクステリアデザインやパフォーマンス、ライドコンフォートにインテリアトリムと様々なベクトルが存在する。ここではひとつ、その機能にスポットを当ててみよう。



What is Hip

ハーレーはいま乗らないと絶対に後悔する

昨年は新型コロナの影響により開催を断念した「IKURA’SAMEFES(アメフェス)」だが、2021年は5月30日に富士スピードウェイで開催されることが決定した。そこで、我らがイクラさんにご登場いただき、今年のイベントに掛ける熱き思いをお聞きする!

WE LOVE ALPHA!

おそろコーデの父子鷹

「自分の子どもがもっとアメリカ車好きだったらなぁ」。それは、よくある悩み。そんな悩みを解決するヒントになるのが、テーマパークの楽しみ方。アメリカ車に似合うカッコいいファッションを父子で揃えてツーリングに出かければ、子どもは楽しくなり、アメリカ車がもっともっと好きになるはず。

米車オーナー数珠つなぎ

'67 Pontiac Firebird × 高山宣之

米車もしくは米国文化、米国雑貨等などをこよなく愛し、何かひとつ「米国!」な人物を訊ねる当コーナー。今月登場した偏愛主義者に次回の登場人物を紹介してもらい、数珠繋ぎで連載していく。



Wonderful Aura

'68 Chevrolet Impala 2door HT Coupe.

68年型のインパラ2ドアHT。独特のサイズ感から美しいオーラを放ち、その存在感は現代のモデルでは到底味わえない。アメリカン・ヒストリックカーならではの、その特権のような魅力を味わってみよう。

時にはシックに、

時にはスポーティに。

2020 Ford MUSTANG

2.3 EcoBoost Premium

これほどまでにシックで大人っぽいマスタングは見たことがない。しかも6MTで走らせることができる…多くの魅力にあふれたこの個体は、ぜひ大人のアナタに乗ってほしい!