Loading & Towing

特集:積める、運べる。

おしゃれでイケてるクルマの乗り方&選び方。

今年の夏は狂ったような暑さ続きで、外遊びを楽しもうなんて思いもしませんでした。

でも、ようやく待望の秋を迎えましたね。

海や山を目指してドライブするのも、アウトドアを楽しむのも最適な季節。

そんな時に役立つのがキャリアやラックなどの本格的な車載用キャリング・ギア。

ルーフに積むのも、ヒッチで牽くのも自由自在。

とことん使ってアクティブなカーライフを!

という特集です。

Bronnco

ブロンコ的アウトドア

新しい方が便利なことはわかっているけど、それでもやめられないアーリースペック。

まだコンパクトなボディサイズだった初代のフォード・ブロンコ。タフなフルフレームのアメリカントラックなだけに、

その愛らしい見た目とは裏腹に、トーイング能力はいまだ現役。今日もオーナーは家族を乗せて、海へ、山へと走らせる。

Impala

インパラクーペ&サーフィン

もはや反則に近い絶妙なまでの一体感

現代ではスポーツギアを満載して遊びに行くためのSUVというモデルがある。ギアが多ければピックアップもあるし、雨に濡らせたくなければベッドにキャップを被せればいい。なぜスポーツクーペでサーフィンに行くか。インパラが本当に気に入ってるからだ。

K10

K10&ジェットスキー

クラシカルな見た目でまだまだ現役!!

ビンテージモデルというと

見た目の趣味性の高さと引き換えに、

それに乗ること自体が目的となってしまい他の趣味とは合わせづらいもの。

しかし元々が仕事用にタフに造られた

アメリカントラックならば、

その無理をすんなり通してしまう。


キャバレロ&バイク

仕事に遊びにストレスフリーのマルチパーパス

パッセンジャーカーベースのピックアップというのは、アメリカ以外でもそれほど珍しい存在ではない。しかし、元来が仕事用だけにトラックベースと明確にキャラクター分けされ、ラグジュアリーに進化を遂げたケースはアメリカンをおいて他には滅多にない。

デーモン&クロスバイク

“トライデントを持った悪魔”とクロスバイクの関係

当時1万台ほどしかリリースされなかった希少モデル、ダッジ・デーモンにルーフキャリアを設置。クロスバイクを積んで目指すのはダウンヒルだ!

ラック・ブランド・ファイル

ルーフラックのベストマッチは?

スーリー、フロントランナー、ゴビ・ラック、カリフォルニア・マッドスター、ヤキマ、リノ・ラックほか